☆ミニニュース☆
    
    2011年10月08日 ブクログのパブーで歌集を販売中です。
                閲覧は無料なので見てやってください♪
                『韋駄天凱旋歌』
    
    2011年09月28日 題詠blog2011♪無事ゴールしました♪
                応援ありがとうございます♪(w
                『晴流奏の題詠blog』
    
    晴流奏動画短歌集『面影純恋歌』
    
    
    
    動画がもっと見たい方はこちらのリンクから♪
    晴流奏 動画短歌集
    
    
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悲しみに暮れた日。
2008年01月12日 (土) | 編集 |

2008/01/11

 

薄曇。

午後より少し日が出るも

冷え込み厳しい。

 

今日は仕事始めだった。

朝はまたちゃんとした時間に起きれず。

リタリンを飲んで何とか起き出す。

今年最初からこんな感じである。

何とも情けない。

 

起き出して薬を飲む。

今日も母がピザトーストを焼いてくれたのでそれを食べる。

着替えて愛犬に線香をあげ、会社へ向う。

結局今日は45分程遅刻して会社には行った。

 

2週間ぶりの会社。

とは言えあまり実感が無い。

ずっと寝ていたからかな…。

事務所に掃除機をかけ掃除を一通り済ませる。

その後は仕事に手をつける気にもなれず

パソコンでブログの記事を書いていた。

 

お昼。

愛犬を自宅の裏に埋葬する為に

父と一緒に一旦家に帰る。

お昼は今日も手軽な鉄火うどんだった。

心なしかあまり食が進まなかった。

 

1時頃。

父が家の裏に穴を掘っていてくれたので

そこに愛犬を埋葬する。

母に抱きかかえられている愛犬は

まだ眠っているかのようだった。

おがくずを敷き塩を撒き

半紙を敷いて土を被せる。

父はわざわざお経を唱えてくれた。

思い遣りなのか、後生祟られるのが厄介なのかは良く判らない。

若い者はこういう事にあまり関わらない方が良いと母に言われ

私は3回だけ土を被せただけで後は見ていた。

涙は出なかった。

線香をあげ、水をあげ

最後に土を盛った所に花を生ける。

母が根が張るかも知れないからと持って来てくれた。

3本生ける。

一本渡され小さな命がこれだけになってしまうのか…と思ったら

また少し泣いてしまった。

母がそこに更に根の付いた南天を植えていた。

ガーデニングじゃないんだから…とか思う。

 

完全に愛犬の面影が無くなって

心の一部がしゅしゅしゅとしぼんでしまった様に感じた。

その心持ちは一日中続いていた。

 

会社に戻り仕事を始める。

大切な家族は居なくなったのに

日常は何処までも自分を追いかけてくる。

生きていかなきゃなんないんだな…と

現実を突きつけられた様な気がした。

仕事を頑張る。

 

お金の問題が大変だったが

それは自分ではどうしようもないので

計算だけして後は上司に頼る。

でもその上司も1月いっぱいまでしか来ないのだ。

頭が痛い。

 

20分程残業する。

何とか細々した仕事は終らせる。

少しだけ愛犬の事を忘れられた気がした。

 

仕事終わり。

銀行に寄りお金を下ろす。

小切手の現金化は無事されていたが

財政状況は厳しい。

手間がまた出ないとして今月乗り切れるかな…

Wii所の騒ぎじゃない事にやっと気がつく。

 

帰りにスーパーに寄り

ビールを12本とカップ焼きそば

あとおつまみカツを買う。

 

帰ってきて。

家に帰ってくると愛犬の事を思い出す。

悲しい気持ちで母にただいまと言う。

時雨ちゃん今まで御飯作りお疲れ様…と言われ

また涙が出る。

何でそんな事言うんだ…。

 

夕飯と共にビールを飲む。

今日も4本飲んでしまった。

また意味無くお酒の量が増えている。

寂しいからだろうか…。

いや…お正月の延長で飲んでる感じなのかな…。

お金が厳しいので少し考えないと…。

 

夕飯の途中も愛犬の事が話題に上がり

その度に涙が出る。

思い出は沢山あるのだな…と改めて思う。

 

鮭の皮を残す。

いつもは愛犬にあげていたので

その通り今日も残して

食べてくれる愛犬がもう居ない事に改めて気付いてしまう。

夕飯を食べ終わり

愛犬に御飯をあげなきゃ…と

今だに思っている事にまた気が付く。

居間で一人泣いてしまった。

 

友人にメールで心情を吐露する。

暖かい返事が帰ってきてまた少し泣く。

居なくなった事にもきっと意味がある。そう思えた。

でも今はまだ悲しみに暮れる時なんだと思う。

彼女が居ないのは何より寂しい。

 

この事も先生にちゃんと話そうと思う。

愛犬との死別が自分の心にどの程度影響があるのかは

自分でも推し量れて居ない所だが

この心の穴は如何ともしがたい。

たかが犬一匹で…と鼻で笑われはしないか

そればかりが心配である。

 

明日はまた休み。

3連休である。

真にありがたい。

少しはこの心の穴が埋まると良いんだけど…。

コメント
この記事へのコメント
すごく切ないです・・・。私の愛犬も、16年目。いつどうなってもおかしくない年です。
最近は、一緒に過ごす時間が多くなっていて、ホントに死なれたら自分がダメになりそうなくらい辛くなるだろうなって思います。
でも、時雨さんが先に逝って、ワンちゃんが残されるより、時雨さんや家族に見守られて温かく送ってもらって、幸せだったと思います。
こう言う事は、時間しか解決しません。何て行って良いか分かりませんが、元気だして下さいね。
2008/01/13(Sun) 18:33 | URL  | 長今 #79D/WHSg[ 編集]
長今さん:16年は長生きですね(w
       大事にしてきたんだなぁ~って言うのが良く判ります(w
       人間と犬じゃ寿命がえらい違いますから
       飼う時から決まっていた宿命だとは思ってたんですけど…
       やっぱり辛いですね(w
       もうちょっと悲しんで少しずつ乗り越えていこうと思います(w
2008/01/13(Sun) 22:30 | URL  | 時雨 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。