☆ミニニュース☆
    
    2011年10月08日 ブクログのパブーで歌集を販売中です。
                閲覧は無料なので見てやってください♪
                『韋駄天凱旋歌』
    
    2011年09月28日 題詠blog2011♪無事ゴールしました♪
                応援ありがとうございます♪(w
                『晴流奏の題詠blog』
    
    晴流奏動画短歌集『面影純恋歌』
    
    
    
    動画がもっと見たい方はこちらのリンクから♪
    晴流奏 動画短歌集
    
    
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お坊さんの本を読んだ日。
2010年06月24日 (木) | 編集 |
2010/06/23

曇りのち晴れ。
夕方頃よりまた雲が出始める。
一日とても蒸し暑い気候。

お坊さんの本を読む。
小池龍之介さんの『考えない練習』と言う本を
今興味深く読んでいる。
まだ読了はしていないのだが
本を読むのが遅い私でも2時間程で半分ちょっと読めた。
読みやすい本なのだ。

現代人はどうやら刺激の強い情報に
常日頃から浸っているせいで
思考がオーバーヒートしているらしい。
それは笑いの様な物だけでなく
悲しさや怒りを喚起させる様な情報も
含まれているのだそうだ。
脳は例え悲しい物であっても
強い刺激を好むので
それにばかり浸るとやがて自分の中でも
そこに執着心が生まれてくる…と言う事らしい。
これには私も内心ひやりとした。
まるでアルコールや薬物依存に陥る時と
同じ様だと思ったからである。
これは私の中に今ある問題にも通じている様な気がする。

別の本で“心の中の批判者”と言うのを読んだ事がある。
人の心の中には批判者が常に居るらしいのだが
それが正しく機能している内は問題は無いのだ。
例えば鏡を見て、寝癖が付いている…とか
ネクタイが曲がっている…とか言う風に
教えてくれる心の働きがそれである。
しかし、何らかの理由でその心の批判者の発言権が
やたらと大きくなってしまうと問題が出てくる。
例えば鏡を見て、寝癖が付いているお前は不細工だ…とか
ネクタイ一つ結べない無能者め…と言った様に
自己を否定する思考に繋がってしまうのである。
こう言う思考に捕らわれてしまう人は
心の中の批判者の発言権が必要以上に強くなっているので
注意が必要なのだ。
本来、心の中に必要以上に力を持った批判者は要らないのだ。
要るのは批判者ではなく最初に書いた
間違いを注意をしてくれる機能だけである。
因みにこれを放って置くと最悪
神経症と言う病気にまで発展してしまう。
実は私も人事では済まない話だったりする。

ではどうすれば心の批判者の発言権を弱められるか…。
答えは簡単。心の批判者が必要以上の事を喋りだしたら
黙れと一喝するのである。
勿論これは心の中での話。
要はそう言う必要以上の批判が心の中に生まれた際、
無視すれば良いだけの話なのだ。
ただ、心の批判者自体も悪い事ばかり言う訳ではないので
一日10分程度そう言う心の批判者にも
喋る時間を与えてやると良い…と言うのが
その本には解決策として書いてあった。

実はこの解決策、『考えない練習』と言う本の中にも
同じ様な事が載っていたりする。
こちらはもっと仏教的考え方なのだが
例えば、座禅等で一つの音を聞いた際に

音→何の音だろう→うるさいなぁ→あぁ…苛々する→

と言った感じに次々思考を連鎖させるのではなく

音→…→音→…→音→…→

と言った感じに
音を音としてだけ捉えて
そこから先のの思考を挟まない様な練習をするのだ。
座禅とはそう言う事を鍛錬する為にあるらしい。
それにより人の持つ本来の集中力が出てきて
心は落ち着きを取り戻す事が出来るのだそうだ。

このあるがままを受け止め
思考の暴走を最初の段階で止めると言う考えが
心の中の批判者を黙らせる…と言う事にも通じると
読んでいる内に思った。

私も時々日記の中で感情が高ぶってしまい
自己否定的な事を書いてしまう事があるのだが
それも恐らく思考の連鎖を最初の段階で止めないと言うのが
良くないんじゃないかと思った。
嬉しい事は嬉しいままに…
楽しい事は楽しいままに…
悲しい事は悲しいままに…
むかついた事はむかついたままに…
冷静に自分を見つめ、間に余計な思考を挟まないで
文章と言うのは書く方が良いんじゃないかと
この本を読んでふと思ったのである。

と言う事で、これからは意識的に
自分を必要以上に否定しない日記を
心がけようかと思っている。
まぁいつまで続くかは判らないが
とりあえず。
こういう考え方が腑に落ちるのは
やっぱり私が仏教徒だからなんだろうなぁ…とか思う。
それか前世がお坊さんだったか…どっちかだと思う。

さて、今日の家庭菜園…。

P6222981_convert_20100623223240.jpg

二十日大根を間引き、盛り土をして虫除けのオルトランを撒く。
5mm程の青虫が大量に集っていた為
可哀想だったが何匹か鋏で切ったり踏み潰したりして駆除した。
これもまた美味しい野菜の為しょうがない。
多分これからも全部は捕り切らないとは思うのだが
オルトランの効果で幾らかは被害も緩やかになると思う。

今日の二十日大根…。

P6232992_convert_20100623224335.jpg

間引き効果でちょっと元気そう。
もう一回位間引くようかなぁ…。

ミニにんじんは少しずつ葉の背丈を伸ばしている様だ。
二十日大根に比べ、おっとりした成長の様に思えるが
恐らく二十日大根の成長が早過ぎるのである。

昨日のミニにんじん…。

P6222980_convert_20100623222959.jpg

今日のミニにんじん…。

P6232991_convert_20100623224218.jpg

彼らもまた間引かなければならないらしい。
だが如何せんまだ小さいので
もうちょっとしっかりしてからでも良いかな…と思っている。
母に聞けば弱そうな物は抜いた方が良いらしいが…どうしたもんか…。

そしてミニトマト…。

P6222982_convert_20100623223341.jpg

遂に赤く色付いたので初収穫する。

P6222983_convert_20100623223447.jpg

まずは三つ…ささやかな収穫である。
冷やしてお昼に食べる。
味はと言うと、黄色い方はあっさりとしてトマトっぽくない味。
一方赤い方はトマトの香りが強く、甘みも強かった。
今後の収穫が楽しみである。

P6232994_convert_20100623224445.jpg

まだ青い我が家のホープ達。

昨日の空…。

P6222984_convert_20100623222248.jpg

曇りのち晴れ。
夕方頃の空…。

今日の空…。

P6232988_convert_20100623223735.jpg

午前中は曇り。

P6232990_convert_20100623223939.jpg

午後は晴れ。
夕方頃よりまた雲が出始め
今は曇っている。
明日の天気は晴れらしい。
また水やりちゃんとやら無いと…。

今日のにゃんこ…。

PB261610_convert_20100623224702.jpg

鍋するにはもう暑いですね…。

水曜日。
今日は一日仕事の日だったが
朝からやる気が出ず休む事ばかり考えてしまい
結局休んでしまった。
このちゃんと稼がなきゃいけない時に何だかなぁ…。

朝は9時頃目覚めるも
しばらく起き上がれずに
布団の上でぼーっと天井ばかりを見ていた。
仕事に行きたくない。本が読みたい。
そんな事を考える。
何とも子供染みた話である。
仕事も決算に向けてやる物は
やれば終わると言った類のものばかりだったので
半分ずる休みの様な形で
今日は休む事にする。
社長とMさんにメールで今日は休む旨を伝える。
だが後で聞いたら月末の支払いの事で
またMさんと上司があれこれ騒いでいたらしい。
行けばまた泣きたくなる程しんどい思いをしただろうと思う。
嫌な事から逃げてばかり…
大人として何一つちゃんと出来ていない事が
今は情けないと思う。

午前中は布団の上に買い溜めた本を広げ
今日読みたい本をあれこれ選んでいた。
つらくなったら読む本…と言うのを手に取り
中身を読んでみる。
買った時は救いを求めて買ったのだろうが
コンビニで買う自己啓発系の本は
はっきり言って駄目だとそんな事を思った。
売るのも腹が立つのでリサイクルにでも回そうと思う。

お昼ちょっと前に起き出して薬を飲む。
何となく体が重い事に気が付くも
これ位なら会社行けたかもなぁ…と
ちょっと自己嫌悪になる。
少し早かったがお昼を作り始める。
にんにくと野菜とハムで和風パスタを作った。

P6232989_convert_20100623224103.jpg

相変わらず色味の足りない私の料理…。
味付けは青森の友人から貰った源たれを使う。
今日も美味しく出来た。

午後。
午前中は本を読もうと息巻いていたのだが
午後になりお腹が一杯になると眠くなってしまった。
何の為に休んだんだか判んないな…と思いつつ
眠ってしまう。
結局4時頃まで起きれなかった。
昨日の睡眠時間が6時間程、
疲れる事は何もしていないにも拘らず
また眠ってしまうのはどういう訳なのか…。
やっぱり生活リズムが狂ってるのかなぁ…
まぁ単に食べ過ぎの様な気もするけど…。

4時頃。
起きてぼーっとしていたら
アイスコーヒーでも作ろうか…と母。
とりあえず目を覚ます為に飲む事にする。
コーヒーは好きではないが、
こういう時に飲むアイスコーヒーは好きかも…。

読書を始める。
読みかけだった天野慶さんの『ウタノタネ』を読む。
あちこち持ち歩いたせいで
表紙がぼろぼろになってしまったのだが
やっと最後まで読めた。
とても良い本だった。またいつか読み返したい。
山本繁さんの『やりたいことがないヤツは社会起業家になれ』
と言う本を読み終える。こちらも読みかけだった。
読みやすい本だったが面白かった。
ほとんど筆者のサクセスストーリーなのだが
社会起業と言う物がどんな物なのか
何となく判った気がした。
私もこう言う事の方が向いているのかな…と思うも
自分に出来るかどうかは別の話だと思った。
やるとしたら相当覚悟と勉強をしてやらないと
駄目だろうなぁ…とか思う。

2冊読んで疲れたので
ジャズのDVDを見る事にする。
ゲイリーバートンさん、小曽根真さんの
『ライブ・アット・モントール』と言うのを見る。
後半のクラシックのアレンジはちょっと難しかったが
前半のジャズのカバー部分はとても良かった。
一番最初の『アフロ・ブルー』と言う曲は
鳥肌が立つ程良かった。

5時半頃。
また本を読み始める。
上で書いた小池龍之介さんの
『考えない練習』と言う本を読む。
速読のスピードで読んでみる。
結構ちゃんと頭に入った。
密かにやっている速読の練習も
ちょっとは身に付いてるのかな…。
今夜辺りまた速読の本を読んでみようと思う。

夕飯を食べる。
今日は塩鯖ときゅうり揉み、あとかぼちゃの煮つけだった。
ご飯を茶碗に一杯食べる。
今日も美味しく食べられた。

タロットの練習ついでに恋占いをしてみる。

P6222986_convert_20100623224818.jpg

未来にカップのナイト。
ロマンチックな相手との恋を暗示しているらしいが
私自身も幻想に浸りたい様な所がある様なので
注意が必要らしい。
恋占いでは悪い事がなかなか出ないんだよなぁ…。
因みに今の所私自身に兆しは無い。

今年一年も占ってみる。

P6222985_convert_20100623223559.jpg

ホロスコープと言って
時計の様にそれぞれの月の運勢を見るのだが
7月以降にどうやら動きがあるようだ。
7月に星、10月の太陽のカードが出ている。
とりあえず来月が楽しみである。

今日も短歌を詠んでいない。
今考えてみようと思う。

静かなる唸りを上げて扇風機 夏の熱気をかき混ぜている
梅雨の夜の湿った風に風鈴の揺れる短冊音も立てずに
墨色に塗り潰されて柿の葉は月陰る夜の空を遮る
色付いたトマトをもげば青々と夏の香りのうつる手のひら
葉をかじる君に恨みは無いけれど箸で摘んで踏み潰す虫
六月の花嫁のごと紋白蝶風を纏って花から花へ

今日はこの辺で…。
今日もいつの間にかこんな時間になってしまった。
ちょっと短歌に時間かけすぎ…。
短歌は難しいけど面白い。

明日は一日休みの日。
出来れば引き続き読書をしたい気分である。
なかなか読めなかった本を少しずつでも読んで行こうと思う。
仕事行かないならせめて本を読もう…。
明日も頑張って乗り切ろうと思う。

晴流奏 ラボラトリー
私の手作り歌集の欲しい方はこちらから♪
代引き使えます♪


家にある買い溜めた本は200冊近くあるんですけど
その内読了しているのは半分ちょっと…。
残りは積読と言う何とも勿体無い状況です…。
本の虫になりたいけど、なれない
私の飽きっぽさが判ってもらえる事と思います(汗
コメント
この記事へのコメント
勉強しました
時雨空さん、今日のブログの内容凄く勉強になりました。心理学の本読むより何倍も心が納得します。いいこといっぱい書かれているんですね。私の読んでみたいと思います。
ミニトマト凄く美味しそう(^^♪完熟ですねえ~。
2010/06/24(Thu) 07:54 | URL  | 和伽 #-[ 編集]
コメ返し♪
和伽さん:
何だか仏教では昔からある考え方の様ですね。
参考にしたのは記事にも書いたけど
小池龍之介さんの『考えない練習』って本です。
ミニトマト美味しかったですよ♪
まだそれ以降がなかなか色付かないんで
ちょっと心配しているんですけど楽しみです(w
2010/06/24(Thu) 11:40 | URL  | 時雨空 #x12mMIeU[ 編集]
タロットって本によって違うのかな…
私が使い分けているタロット二種類は、向かって左が過去、右が未来。
ただ並べ方が一つは五番目に並べるのが右で六番目が左。
もう一つは逆で五番目が左で六番目が右。
どれが正しいかは私にもわからないんだけど…。
だから私の場合この時雨空さんのカードは、聖杯のナイトは過去、魔術師は未来で占います。
だから
過去につらい恋をしていたという意味で
未来…その相手はフィーリングの合う相手だと…。
7番目のカードでは近いうちにその人と短い時間だけど再会する。
(この二枚から考えるとたぶん以前にもこの方と出会っているかもしくは知り合いかも)
好きな人は身近にいる気がします。
あんまり深く考えずに共通の話題を会話にするとか
自然に接すればその人ともっと近付ける。
最終結論は「恋の芽生え、努力は実る」だから
良い結果は出てますね^m^
タロットはその人のカードの判断の仕方でまったく違う結果になるもの。
ほんとうに難しいよね。
私はタロット歴34年ですが未だに理解できませんね^_^;
2010/06/24(Thu) 20:04 | URL  | えぐ #-[ 編集]
心の批判者
心の批判者が必要以上の事を喋りだしたら黙れと一喝する・・いいことを教わりました。私の中にも巣食う天の邪気。一括すればいいんですね。
2010/06/24(Thu) 22:48 | URL  | なりひら #SIg7oyDA[ 編集]
コメ返し♪
えぐさん:
うん…本によってまちまちなんですけど
私の読んだ鏡リュウジさんの本では右が過去で左が未来
って事みたいです。んで正逆は問わない形で占うスタイル(w
他の本では下から時計回りにぐるっと十字を配置する…
って言う方法だったりしたので
要は気持ちの問題みたい。私はこの方法で…って感じで
決めて占ったら、配置はあまり気にしなくても良いって言う。
でもえぐさんの結果聞いたらちょっとびっくり(汗
当たっているかも(w
タロットはカードのくれるキーワードから
自分の内面を探ってるみたいで楽しいですね(w

なりひらさん:
うん…何かね…必要以上に自分を追い詰める思考は
本来持っている思考の機能が強くなっちゃってるって
事なので、とりあえず一喝して黙らせる。
んで、時間のある時に聞く…って言うのが良いんだそうです。
あがり症の人なんかはこの心の批判者のせいで
自分に意識が行き過ぎて結果喋れなくなっちゃう事が
多いんだそうです。
でもまず、脳じゃなくて自分が主導権を握るって言うのが
大事みたいですね(w
2010/06/24(Thu) 23:32 | URL  | 時雨空 #x12mMIeU[ 編集]
そうですね
「心の中の批判者」
これは解りそうな気がします
自分も度々過剰に反応しちゃう時がありますが
そこを制御できれば少し楽になれるかも知れません
考えない事も大切ですね

2010/06/25(Fri) 00:29 | URL  | まっとし #G3xv5MFg[ 編集]
コメ返し♪
まっとしさん:
心の批判者のソースはバルバラ・ベルクハンさんの
『グサリとくる一言をはね返す心の護身術』
って本からなんですけど
確かにこの批判者を黙らせるって方法は
つい忘れてしまって、逆に油を注いじゃっていたりしますよね。
人の脳って悲しいとか辛いって感情の刺激に浸るのも
好きみたいなので、
要はそう言う感情を必要以上に肥大させないのが
重要みたいです。自戒もこめて(w
2010/06/25(Fri) 00:43 | URL  | 時雨空 #x12mMIeU[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。