☆ミニニュース☆
    
    2011年10月08日 ブクログのパブーで歌集を販売中です。
                閲覧は無料なので見てやってください♪
                『韋駄天凱旋歌』
    
    2011年09月28日 題詠blog2011♪無事ゴールしました♪
                応援ありがとうございます♪(w
                『晴流奏の題詠blog』
    
    晴流奏動画短歌集『面影純恋歌』
    
    
    
    動画がもっと見たい方はこちらのリンクから♪
    晴流奏 動画短歌集
    
    
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛行機雲を沢山見た日。
2010年03月04日 (木) | 編集 |
2010/03/03

晴れのち曇り。
久々に見る青空には
幾筋かの飛行機雲が伸びていた。
少し安心した様な心持。

新しい処方に慣れない。
減薬の為、前の処方に比べて
変則的な飲み方をしなければならない。
まぁお昼に飲む分が今は無いので
楽と言えば楽なのだが
朝にこれとこれ、夜はこれとこれ…と
いちいち処方の書かれた紙と照らし合わせつつ
何とか間違えない様に飲んでいる。
でもうっかり朝の薬を夜飲んでしまったり
夜の薬を一錠飲み忘れたりと
ややこしい事この上ない。
先生の処方は出来る限り守って飲みたいので
早めに慣れてくると良いのだが
さて…次の診察までに覚えられるだろうか…。
何だかなぁ…。

今日の空…。

P3032264_convert_20100303224716.jpg

久々に見る青空。
幾筋か見える雲の筋は
恐らく飛行機雲の滲んだ物と思われる。

P3032263_convert_20100303224556.jpg

…等と思っていたら
目の前に一筋の飛行機雲が伸びていた。

P3032267_convert_20100303224310.jpg

南北を分ける様に真っ直ぐ飛ぶ飛行機…。
今日は飛行機の演習でもあったのかな…。

今日のにゃんこ…。

P2182227_convert_20100303225104.jpg

じぃ~っと吸い込まれそうな熱い眼差し…。

水曜日。
今日は一日仕事だった日。

昨日は早めに日記を書き終え
布団に入った時間もいつもより早かった。
ここ最近は睡眠リズムを元に戻すよう努めている。
だが睡眠から自分を引き剥がす事が出来ない様な状態は
相変わらず続いている。
ちゃんと起きれる様にならないといけないとは
常々思っているのだが、なかなか直せていない。
致命的に悪いこの寝起きの状態とも
まだしばらくは付き合って行かなければならないのだと思う。

朝は起きれず。
目は覚めているのだがなかなか体が起こせなかった。
誰にでも起きたくない朝はあるのだと思う。
朝の私はそう言う時、起きない方を選んでしまう。
これも甘え心から来ているのだと思う。

起き出して薬を飲む。
件のややこしい処方に、寝惚けた頭で悪戦苦闘しつつ
しっかり確認して飲んだ。
ただでさえ悪い頭の回転が
朝はもっと鈍るのだからどうしようもない。

今日も母がミルクティーを淹れてくれたので
それを飲む。
時間が経っていたのか
温かかったであろうそのカップもすっかり冷えていた。
起きれない事が改めて情けなく思えた。
一息に飲み干す。
パンは今日は食べなかった。

仏壇に線香を上げ、写仏に手を合わせる。
ぼんやりとしてしまい着替えの手が度々止まる。
また仕事に行きたくない様な気分が出てくる。
うつとは関係ないレベルでのこの葛藤は
自分でもどうしようもないと思う。
こう言う所が駄目だよな…ほんと。
結局今日は2時間15分遅刻してしまった。
何やってんだか…。

事務所は今日も冷え冷えとしていた。
ぼーっとした頭でごみを出し、机を拭く。
事務所の掃除は今日もサボってしまった。
午前中動けないのも何とかしないといけない。
問題点だらけである。
結局お昼頃までぼーっと
電源の入っていないディスプレイを眺めていた。

うつの回復に於いて、最後まで尾を引くのは
気力の低下なんだそうだ。
これは薬では直しようの無いレベルの話の様な気もする。
誰かに言わせたら、また気力の問題と
言われてしまうんだろうなぁ…。
でも確かに大学病院の先生も
薬で治せる症状には限界があるって言っていたもんなぁ…。
まずは興味のある事から少しずつ…
やって行く事も必要なんだと思う。

お昼は父が親子丼を作ってくれた。
今日も美味しく食べられた。

兄から電話が掛かって来る。
支払い状況の確認の電話だった。
ついでに入金の予定をまた聞く。
兄は取引先から入金がある様な事を言うが
期日が相変わらずはっきりしない。
これには頭を抱えるばかりであった。

お昼を食べて午後。
午後からは上司もMさんも来ていたので気が抜けなかった。
仕事を始める。

取引先から届いた注文請書と請求書に
それぞれ判子を押して封書を作る。
ばらばらで来た物をそれぞれ封筒に詰めてしまった為
切手が勿体無かった。

上司とMさんは今日もまた
不安を煽る様な会話をしていた。
向き合わなければならない現実と判って尚
目を背けたくなる様な会社の現状…。
私は一人苛々して頭ばかりが痛かった。

上司がお金の催促の電話を
社長からして貰う様にしようかと言い出す。
社長に言って貰えば何とかなるでしょう…と言うのが
上司の言い分だが
結局兄や社長に頼むのは私である。
また一人苛々としながら内線で社長に話す。
社長は兄の意見を聞いてから…と言っていたので
早速兄に確認を取って電話して貰う。

社長にお金の入らない取引先に電話をして貰う。
大きな金額の所が二口…。
これでは会社が困窮する訳である。

一方は仕事を出して貰っている関係もあり
結局その金額と相殺と言う事になってしまった。
しょうがないとは言えこれはかなり痛い話だった。
入金が無い分、支払いの予定がまた狂ってしまう。
もう一方は担当者が居ないと言われたらしく
今日は半日その電話を待ってしまった。

上司が支払いの事をやり始める。
自分の仕事を取られた様な気分になり
また一人苛々…。
結局私の存在って何なんだろう…。
疲れた…。

4時半頃。
電話をして貰った取引先の担当者の人から電話がある。
経理担当のその人は請求書が手元に無いからと
言い訳をしていた。
だがそんな理由で払って貰えないのでは
あまりに困る。
ちょっと強引ではあったが
たまたま傍で電話を聞いていた社長に
焚きつけられたのもあり
早めに入れて貰わないと困る旨を伝える。
担当者の人はまた電話すると言って居たので
そのまま電話を切る。
社長は明日また直接催促の電話をするよと言っていた。

5時20分頃。
件の取引先の取締役の人から直接電話がある。
工事名を聞かれたので
入金帳を見ながら一通り説明する。
結局その取締役の人の一声で
払って貰える事になった。
支払日は明日になるそうだ。
ひとまず胸を撫で下ろす。

上司とMさんは兄の人の良さを話のねたにして
またぶつぶつと文句を言い合っていた。
兄弟としては複雑な気分だった。
文句を言いたい気持ちも判るが
私の居る場所で堂々とそれを喋り合う二人が
何だかうらめしく見えた。
一日耳栓でもしていたい気分である。

取引先からやっと入金の目処がついたので
上司とMさんがどれを何に使うか話し始めた。
相変わらず私は蚊帳の外だが
色んな経験値から言っても私が口を挟める話ではなかったので
黙っていた。
まずは滞っている給料を何とかしようと言う話になり
2か月分の給料を先に出す事になった。
支払いは催促の電話の応対が大変だが
次の入金まで見送る事になった。
結局一番その手の応対しなきゃならないのは私であろう。
上司も楽な立場で物を言っているなぁ…とか思う。
また朝起きれなくなりそうである。

仕事終わり。
真っ直ぐ帰る。
帰りは青空を雲が覆っていた。
黒雲の合間に煙を吐いた様な白い雲が
ぽつらぽつらと浮かんでいた。
不思議な雲だったので写真に撮りたかったが
結局撮れなかった。

帰りに作業場へ寄り
兄と話をする。
給料を出すと言う話をすると
支払い予定表を見ながら兄は
自分の分を支払いに回してくれと言い出す。
兄の生活が心配だったが
他の仕事のお金も入るから大丈夫だと兄は言う。
専務が居た頃と同じ事を兄がまたやっている。
下職さんを使う側の立場になったら
そう言う気分にもなるのであろう。

憔悴し切った様な顔で書類に目を通す兄を見て
何だか辛い気持ちになった。
この細い体で色々な物を抱え、支えている。
人は皆そう言う物なのかも知れない。
今の時代、特別に兄がしんどい思いをしている訳では
無いのかも知れない。
それでも昼夜、それこそ寝る間を惜しんで働く兄の姿は
どうしようも無い程、健気に見えた。
少なくとも今の私には出来ない事だと思う。
妻が居て…子供が居て…
守るべき者があると言うのは
ここまで人を強くするのだろうか…。
兄と言う歯車が抜けてしまったら会社は終わりである。
だが今は兄弟として兄の体ばかりが心配だ。

ねぇ…神様…。
私はどうしたら良いの…。
一商売人として冷徹に兄にしんどい事を押し付ける役回りは
私にはちょっとしんどいよ…正直。
かと言っていちいち情に流されていたら
この船は沈んじゃうと思うんだ…。
商売ってこんなに息が詰まる程の想いを抱えて
しなきゃならない物なのかな…。
もう何が正しいのか…甘ちゃんの私には判んないよ…。
生きる事って…生きて行く事って…。

帰って来て。
1時間程ゲームをして知恵熱を冷ます。
キングダムハーツは現実逃避にはちょうど良かった。

夕飯を食べる。
今日は鶏肉と大根の煮物と納豆、
あと生姜の甘露煮を少しだった。
ご飯を茶碗一杯食べる。
今日もお腹が空いていたので美味しく食べられた。

お腹が落ち着いてようやく
波立っていた気持ちも落ち着いてきた。
塞翁が馬…楽あれば苦あり…
変化する世の中に於いて
何事も滞ったままである事はありえない。
いつかこんな大変な時を
笑って話せる時が来る…と言うのは
母の言葉である。
でもこの先私には辛い事しか待っていない様な気もする。
私の人生って…もう終わっちゃったのかな…。

生きている限り人生は続くんだろうけど
先にも後にも道は見えない。
希望の羅針盤を頼りに進む何も無い海の先に
私の目指す自分の居場所と言う名の大陸は存在するのか…。
判らないまま、ただ馬鹿みたいに叶わぬ夢ばかりを見ている。
そう言う自分が心底馬鹿に思えて、その不憫さに悲しくなる。
こんな事を考えるのだから実際馬鹿なのだと思う。
人に言われれば腹が立つが
これもまた受け入れなきゃならない現実なのだろう。
今日は何を考えても駄目そうである。

今日も短歌を詠んでいない。
今考えてみようと思う。

青空に子供の描く絵の様な飛行機雲がたなびいている
羅針盤頼りに進む大海に探す希望はまだ見つからず

今日はこの辺で…。
今日の短歌もいまいちである。
まだまだ推敲が足らない。
短歌は面白いけど難しい…。

明日は一日休みの日。
とりあえず金曜日に備えて
ゆっくり体を休めようと思う。


題詠ブログの方もそろそろ更新したいかなぁ…。
どうしたもんか…。
コメント
この記事へのコメント
お母様の言うとおりです。
どんなに辛く苦しい時があっても
悲しい時があっても
必ず笑って話せる時が来ます。
実際、私もそうでしたから。
私自身いつも思うのは
私よりもっと大変な思いをして生きている人がこの世界にはたくさんいる。
上を見ればきりがないけど、下には下がいる。
それを考えたら自分はまだマシだと。
お兄様をご心配なさるお気持ちは痛いほどわかります。
でも、お兄様は大人です。
守る家族もいらっしゃいます。
きっと乗り越えられると思います。
時雨空さんの人生もまだまだこれからじゃないですか。
90歳のおばあちゃんでさえ
「私の人生これからよ」って言うのですよ(^^)
「人生」があるから人は生きて行く。
生きているから「人生」を歩ける。
自分の居場所は誰かに探してもらうものではなく自分で探すものです。
私は未だに目指すものが何か、自分が何処へ行くのかわかりません。
だからひたすら歩いています。
歩きながら見つけようと思っています。
人ってゴールのない自分の道を生涯探し続けるものなのではないでしょうか。
金メダルを獲ったメダリストがその後燃え尽き症候群となって今後の目標を見失うのとは違うと思います。
夢があるなら叶う叶わないと考えるよりも、まず歩きだすことが大事だと思いますよ。
結果は後から付いてくるもの。
叶わないからとここで諦める?
夢を持つことが大事なのですよ(^^)!
最後まで諦めない気持ちを大切に!!

2010/03/04(Thu) 22:43 | URL  | えぐ #-[ 編集]
コメ返し♪
えぐさん:
ありがとうございます(w
確かに母の言葉には凄く深い物を感じていて
ちゃんと前を向いて生きていれば良い時も来るって
ここ最近は良く言われています。
確かにずっと同じ状況に留まるって事は無いだろうから
未来の私は今の私を見て笑ってるかもしれないですね(w
そうですね…確かに兄も立派な大人だから
私なんかより深い所で色々考えて行動しているんでしょうね。
疲れるとネガティブ思考になっちゃうけど
私もこの暗い山道を手探りで歩く様な状態は
例え世間的に安定した状態になっても
一生続くんだろうなぁ…って思いました。
確かにそうですよね…先があからさまに見えちゃうって言うのも
何だか不親切な人生だろうし(w
今年は夢の為に何か動ける事を探して動く事を
やってみようかな(w
不思議なもんで病気の回復から人生のあれこれまでが
夢って物に集約していて
考えなきゃいけない時期に来ているんじゃないかって良く思います。
まだ諦めるには早いかも知れないですね(w
2010/03/04(Thu) 23:26 | URL  | 時雨空 #x12mMIeU[ 編集]
ピルケース
おいら薬をまとめる時は
100円ショップでも売ってる
朝昼晩と5日間分くらい入れられる
ピルケース使っていますョ
事前に
朝昼晩と飲む薬を分けて入れて置けば
一々照合しなくていいし便利
2010/03/05(Fri) 12:05 | URL  | まっとし君 #-[ 編集]
薬・・・困るよねぇ!
「8時間後」「次は48時間後に飲んで下さい」なんて数種類の薬渡されて―ぜっ~たい、年寄りには「無理だよ」
昨日も間違えて?多分?夕方まで眠ってました。

時雨ちゃん!
なるようになる―開き直ってみれば!
2010/03/05(Fri) 14:13 | URL  | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
コメ返し♪
まっとし君さん:
そっか…ピルケースって手もありましたね(w
でも自分が何をどの位飲んでいるのかが
ピルケース使ってまとめちゃうと判らなくなっちゃいそうで(汗
便利なんですけどね。
薬もなかなか面倒ですよね(汗

Bakoさん:
一応若い私なんかでも数種類を変則的に出されるだけで
頭こんがらがっちゃいますからね(汗
そうそう…うっかり飲んじゃったのが体調に出ちゃうのが困り物で…(汗
かと言って器用に吐き出す訳にもいかないですもんね(汗
うん…あれこれ悩んで考えててもしょうがないですよね…(汗
後悔しない為に自分の進む方向ぐらいは
自分で決めたいです(w
2010/03/05(Fri) 23:13 | URL  | 時雨空 #x12mMIeU[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。