☆ミニニュース☆
    
    2011年10月08日 ブクログのパブーで歌集を販売中です。
                閲覧は無料なので見てやってください♪
                『韋駄天凱旋歌』
    
    2011年09月28日 題詠blog2011♪無事ゴールしました♪
                応援ありがとうございます♪(w
                『晴流奏の題詠blog』
    
    晴流奏動画短歌集『面影純恋歌』
    
    
    
    動画がもっと見たい方はこちらのリンクから♪
    晴流奏 動画短歌集
    
    
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霧雨に頭を冷やして貰った日。
2010年02月11日 (木) | 編集 |
2010/02/10

曇り。
仕事帰りに霧雨に降られ、濡れて帰る。
不思議と暖かく包み込まれる様な夜。
明日は雪が降るらしい。

最近密かに見ている夢がある。
それはどんな形でもいいから
ゆくゆくは表現者になる事…。
特に自分の中の気持ちを世界に向かって発信する様な
メッセンジャー的な人間になれたら良いなぁ…等と
そんな事を思っている。
例えば月乃光司さんの様な絶叫詩人になれたら
凄く楽しそうである。あくまで理想なのではあるが…。
でも夢を叶える上で、まだまだ私は色んな意味で力不足…。
私はあまりにも外の世界の事を知らない。
なのでブログの世界で細々と自分の言いたい事を
世界に向けて発信している。
一体何をしたらあんな面白い大人になれるのだろう…。
心に浮かぶのはこの言葉…。

動かなければ風は起きない。

ここへ書く事も私にとっては
風を起こそうとするアクションの一つ…
まずは仲間を集う所から…。
でもどうやって…。
恐らくまだ人生は長い。
今はもう少し作戦を練って
あれこれ考えてみようかな…。
もう28歳だけど…まだ28歳だから…。

日記をここ二日間サボってしまったので
今日もまた空の写真を意味無くアップしてみようと思う。

まずは一昨日…8日の空…。

P2082101_convert_20100210204733.jpg

夜明けの太陽…。
この日はまた暖房の前で夜を明かしてしまったので
夜が明けてから大分経った太陽である。

P2082102_convert_20100210204846.jpg

快晴の南の空…。
ちょっと電線が写っている。
この日も風が強かったのか
雲がどんどん北の空へと流れて行っていた。

次は昨日…9日の空…。

P2092118_convert_20100210205014.jpg

快晴…。
この日もまた同じ様に布団で眠らなかった日…。
この写真は夜が明けてすぐの済んだ空を撮ってみた。
特に意味は無い。

そして今日の空…。

P2102121_convert_20100210205129.jpg

曇り…。
一面灰色の暗い空…。
写真とは呼べない物かも知れない…。
夜からは珍しく霧雨…。
明日は雪が降るかも知れないと
気象情報の半井さんが言っていた。
何にせよ明日は冷えそうである。

今日のにゃんこ…。

日記に二日も穴あけて…。

PB261674_convert_20100210205445.jpg

ごめんにゃさい。

水曜日。
今日は一日仕事だった日。
月曜・火曜と日記をサボってしまう。
月曜は診察疲れで眠ってしまい
昨日はゲームがやめられず
それぞれ日記が書けなかった。
まずはここ二日間の事をざっと書いてみようと思う。

まずは月曜日…。

三週間ぶりの診察日だった。
丁度セカンドオピニオンを受けてから
初めての診察だった。
いつもより少し遅めに病院へ行く。
あまり早く行き過ぎても待ち時間が辛いのだ。
特にこの日は睡眠不足だったので
昼寝をしてしまい病院へ行く時間が遅くなってしまった。
病院はタイミングが良かったのか
あまり混んでいなかった。
二人目で名前が呼ばれる。

診察では早速セカンドオピニオンの話をした。
大学病院でセカンドオピニオンを受けてからと言うもの
不思議と安心した気持ちで日々を過ごせている旨を伝えると
先生は安心した様に良かったね…と言っていた。
本当に良く話を聞いて貰えて…と言うと
あの先生は優しくて良い先生ですよね…と言っていた。
大学病院の先生が今通っている病院の先生に
自らの所見を書いた手紙を送っておいてくれたおかげか
今回は薬を減らしてみましょうか…と言う話になる。
ちょっと不安もあったが、確かに大学病院でも
長く沈んでいた気持ちが浮き上がりつつある兆候が見える…と言う事を
言ってくれたのである。
少しずつでも薬が減るならそれも楽かな…とか思う。

睡眠はどうかと聞かれたので
睡眠リズムが上手く取れていない状態だと言う。
だが日記に書いてあった
夜に眠り、深夜に目覚めて朝まで起きていると言う状態は
先生に言わせると前よりも良いかも知れないとの事だった。
後は日常生活に睡眠リズムを合わせられると良いんですけど…と言うと
先生は苦笑いしていた。

今回も日記を見て貰う。
両親と過ごせる日が長く続かない様な気がして
とても怖いと言う事を言う。
父の時々漏らす弱気な言葉が怖いというと
歳を取ってくると何かにつけ心配事が増えるのだから
しょうがないと言われる。
確かにそうかもしれないな…とか思う。

先生は短歌を褒めてくれたりもした。
短歌を詠めているかどうかも先生は診察の上での
一つの指針にしている様なのだ。
確かに辛い時に詠む短歌は変に重かったりするもんなぁ…とか思う。
先生は気分変調症を水深15cmの落ち込みと例えていた。
時々水深100mに引き込まれてしまう時もあるが
軽い落ち込みの時に少し海面に顔を出す努力をしてみると
抜け出すきっかけを掴めるかも知れないと
そんな事を言っていた。
薬と言う浮き輪ではどうにもならない
私の息継ぎの仕方の問題なのだろうと何となく思った。
これは自分の中で鍛錬する他無い。

ただ先生はこうも言っていた。
水深15cmに居る人じゃないと
短歌の様な気持ちを切り取る物はなかなか作れないんじゃないの…と
先生は諭す様に言っていた。
確かにそれはあるかも知れません…と答える。
これは常々私の感じる心の揺れの問題なのだろう。
前に先生が言っていたが、日々に忙殺されている人達には
なかなかこの揺れを拾い集めている暇が無い。
私はそう言う意味では病まなければ見えて来ない視点と言うのを
今めいいっぱい駆使して短歌を詠んでいるのかも知れないなぁ…等と思う。
先生なりにちゃんと私を分析してくれているんだな…と思ったら
ありがたかった。

薬は昼に一錠ずつ飲んでいた
止めかけの抗うつ剤と安定剤を
それぞれ抜く事から始めてみようと言う事になる。
休日には飲み忘れる事もあったので
その点ではあまり気にする事も無いかなぁ…とか思う。

帰りにまたいつものオリオン書店へ行く。
安心感からか本をまたあれこれ買ってしまう。

川上弘美さんの『これでよろしくて?』と言う
ハードカバーの本が出ていたので
つい買ってしまう。
この人の文章がとにかく大好きなのだ。
この日記の文体も実は川上弘美さんの独特の雰囲気を真似したくて
今の様な形に落ち着いている。
ちゃんと時間を取って少しずつでも良いから
読む様にしたいなぁ…とか思う。
私も川上さんの様な文章が書けたら素敵なのになぁ…。
憧れの人である。

散歩の達人は埼玉の大宮、浦和特集だったので
これもまた買ってしまう。
読んで実際散歩に行くのも楽しいかも知れない。
お金無いけど同じ県内なら切符代もそれ程かからないでしょう。
そう言えば大宮には『猫家』さんって言う猫カフェも
あるらしいんだよなぁ…。行きたい…。

所沢駅前のイルミネーションが綺麗だったので撮りに行く。

P2082104_convert_20100210204238.jpg

P2082105_convert_20100210203912.jpg

P2082107_convert_20100210204416.jpg

ロータリー真ん中のシンボルの木も良いが…

P2082112_convert_20100210204549.jpg

最後の歩道にかかっているイルミネーションが何気に綺麗だった。
露出はアンダー気味で撮る事を新たに学習する。
やっぱり写真は実践が大事なのだと思う。
まだまだ構図が変な感じだなぁ…。

続いて火曜日…。

数ヶ月に一度の読書が捗る日がやって来る。
いつも本と向き合うだけで眠くなる様な私だが
この日ばかりは違った。
とは言え読んだのは雑誌なんだけども…。
『女子カメラ』の最新号と『The寂聴』と言う瀬戸内寂聴さんの雑誌を
隅々までやっと読み終わる。

女子カメラはカメラ初心者の疑問に答えるコーナーが
充実していて面白かった。
私の様な仏頂面の裏側に乙女心を隠し持っている人間には
表紙から特集から何からが、皆好みに合い過ぎている。
とても良い雑誌である。

The寂聴はもう一年近く前に買った物だったが
ずっと読む事が出来ずに持ち歩くばかりの本だった。
坂口安吾さんの堕落論を取り上げて特集していた。
何でも寂聴さんが小説家を志すきっかけになった一文らしい。
読んでみたがこの思想は鬱屈とした今の時代にも
受け入れられる考え方なんじゃないかなぁ…等と思う。
生前の岡本太郎さんへのインタビューも載っていて
ちょっと得した気分になった。
私も堕落論にある人間のあるがままを受け入れる思想を
大切に生きてみようかな…等と思う。

速読の練習も兼ねて早読みを心掛けるも
まだあまり早くは読めない様である。
DSの速読ソフトもここ数週間出来て無いからなぁ…。
ただ、基本的な文字を目で追う感じは掴めた様な気がした。

久々に昼間ずっと読書が出来たので
何だか気分的にも上向いて嬉しかった。
集中出来たと言う事が嬉しいのである。
でも考えてみたら薬を抜いたので眠気が出なかったのかなぁ…とか思う。
休みが今は多いから、出来るだけ平日の時は
本を読むよう心掛けたいなぁ…とか思う。
本棚に溜まった本をこれを気に一冊でも多く消化して行こう…。

そして今日…。

昨日の夜は読書の反動からか
ゲームが止められなくなり深夜までずっとゲームをやっていた。
アルトネリコ3と言うマニアックなゲームをずっとやる。
徐々に面白さが判って来た感じ…。
でも心のどこかで踏み込んではいけない世界に
足を突っ込んでいる様な気がした。

姉とお風呂の時間が被ってしまい
お風呂に入ろうとすると姉がやって来たので
先に入って貰う事にする。
その間もずっとアルトネリコをやっていた。
結局昨日はシャンプーと洗顔と歯磨きをして着替え
お風呂に入れぬまま眠った。
時間は6時を過ぎていた。

朝は起きれず。
時間にして2時間半程の仮眠を取った様な感じで
何とか起きる。
頭はぐらぐらしていたが
いつもの様に酷い状態では無かった。
仕事に対するストレスもあるのだろうと思うが
この位の事誰でも乗り切ってるんだろうな…等と思うと
ちょっと辛かった。

起き出して薬を飲む。
今日も母がミルクティーを用意してくれたのでそれを飲み
ハムチーズトーストを焼いて食べる。
今日も美味しく食べられた。

仏壇に線香を上げ、写仏に手を合わせる。
着替えの手が止まりつつも、今日は休めないなぁ…と思い
何とか頑張って行く事にする。
結局今日も2時間も遅刻してしまった。

事務所はとても冷え冷えとしていた。
早速入金の確認をしに銀行へ記帳しに行く。
だが結局は入金が無くがっかりしてしまう。

お昼は父が作り置きのカレーを温めてくれたので
それを食べる。
美味しく食べられた。
兄に入金が無かった旨を電話すると
支払日が結局25日に伸びてしまったと聞かされて
またがっかり。
他にも入金の予定は無いのだと言う。
これには頭を抱えるばかりであった。
兄の言う入金予定日は毎回の様に遅れるので
こちらはその度にはらはらしてしまう。
どうにかならない物なのか…。

午後。
今日は午後から上司もMさんも来ていたので気が抜けなかった。
Mさんと上司に入金の予定が大幅に伸びた事を伝えると
二人してまた意味の無い文句を誰にとも無く言い始める。
毒にも薬にもならない…と思ったが
私にとってはストレスになるばかりであった。
この二人の会話は聞いているのがしんどい。

仕事を始める。
請求書の整理をする。
これは簡単だった。
その後はずっと伝票立ての仕事をやっていた。
今日半日で何とか3分の2程まで終わらせる。
金曜日で何とか終わるかなぁ…。

上司とMさんは息子が朝起きれないと言う事の文句を
またべらべらと喋っていた。
遅刻し続けている私へのあてつけの様にも聞こえて
ただただ辛かった。
でもこっちは本物の体調不良だっつーの…。
一緒にされたのでは困る。
この二人には人の嫌な部分ばかりを見出してしまう。
そんな自分が悲しかった。

仕事終わり。
何とか今日も乗り切れたが
支払いが無い事でまたあちこちから電話がかかって来そうである。
頭が痛い。
定時より15分程残業とも言えない残業をして
帰る事にする。
帰りは霧雨が降っていた。
傘を差す程でもなかったので、そのまま雨に濡れて帰る。

冬の霧雨は色々な事を想起させた。
火照った頭を静める様に雨はほど良く頭を冷やしてくれた。
最初に書いた夢の事や、短歌の事をあれこれ考える。
頭の中でどうでも良い文章を組み立てるのはちょっと楽しかった。

帰って来て。
寒かったので買ってあった春雨スープを一杯飲み一息つく。
疲れていたので眠らない内に夕飯を食べてしまおうと思い食べる。
今日は焼き鮭と白菜漬けと生わかめを茹でて刻んだ物、あとゆで卵だった。
ご飯を一杯だけ食べる。
今日も美味しく食べられた。

今日はレッドシアターのスペシャルがやるので
ワンセグに録画の予約をして待つ。
その間、日記の写真を準備したりしていた。

最初の方を少しだけ見ていたが
日記の文章を集中して書けなかったので
その内テレビを消してしまう。
11時頃まで日記を書いていたが
その内眠くなり眠ってしまう。
目覚めたのは3時頃…。
また日記を書き始めて現在に至る。

今日も短歌を詠んでいない。
今考えてみようと思う。

夢に見る険しき道も一歩から もう二十八まだ二十八
自らと向き合う心いつもより素直になれた霧雨の夜
霧雨で頭を冷やし冷静にのぼせた夢を見る帰り道
どうせなら世界に向かって叫びたい駄目な僕でも生きているよと
水深は十五センチでゆらゆらと心の海をシュノーケリング
深海は深いばかりで怖いから泳いでみたい心の浅瀬
堕落する心は人であるが故 駄目な自分も間違いじゃない

今日はこの辺で…。
今日も短歌にやたらと時間がかかってしまった。
その割にまだまだ推敲が足らない気がする。
短歌は面白いけど難しい。

明日は一日休みの日。
建国記念日でもある。
でも何処へも出かけられないかな…。
ゆっくり体を休めようと思う。


半井さんの天気予報って天気図より胸に眼が行っちゃいます(w
今日は特に素敵な服を着ていて綺麗でした(w
頑張れ…気象情報の半井さん(w
コメント
この記事へのコメント
こんにちは、「夢に見る・・・」の歌が好きです。
今日は気になる点があってコメしました。
逆光で撮っている太陽の写真なのですが、写真の真ん中付近(太陽の左上付近)に光の点みたいなものが写っています。これって、レンズの汚れではないかと思うのですが(違っていたらすみません)。今回の写真ばかりではなく、以前から、時雨さんの逆光の写真に、同じ位置に光の点が写っているので、気になった次第です。
勘違いでしたら、ごめんなさい。
2010/02/11(Thu) 12:08 | URL  | 天狼星 #-[ 編集]
こんばんは
サラリーマン川柳が 発表されましたよ、

ことしは 傑作が 多かったです、しわけにんとか インフルエンザとか・・・・
2010/02/11(Thu) 20:52 | URL  | みかん むらお #-[ 編集]
表現者
表現者になる・・いいですねえ。私は、下手な川柳・短歌ですかね・・。
2010/02/12(Fri) 00:26 | URL  | なりひら #SIg7oyDA[ 編集]
コメ返し♪
天狼星さん:
前に年齢を意味なく気にするのはいけないって
ある歌人の人が言っていたので
戒めの為に詠んでみました(w
あぁ~…この玉は光の玉ですよ?(w
フレアー現象って言ったかな…(汗
ゴミだともっと影っぽく写るんですよ(泣
毎日空撮ってると時々青空に黒いもやっとした点が
浮かび上がる事があって、そっちはゴミです(w

みかんむらおさん:
私もテレビで聞きました(w
仕分け人は確かに上手かったですよね(w
インフルエンザの句は略語表現がちょっと気になりました(汗
しょうがないですけどね(汗

なりひらさん:
この歳でこんなにもやっとした夢を持ってるのは
あんまり良くない事かも知れないですけどね(汗
私も短歌自信ないけどいつか本を出せたらなぁ~と
そんな事を思っています(w
2010/02/12(Fri) 11:55 | URL  | 時雨空 #x12mMIeU[ 編集]
大雨
豪雨を「おおあめ」と読めばいいのですね。なかなかいい川柳ですねえ。雨が頭を冷やすことって、ありますもの・・。
2010/02/13(Sat) 16:47 | URL  | なりひら #SIg7oyDA[ 編集]
イルミネーションとても綺麗ですね。
青い木が可愛らしい感じで作られていますね。
う~ん和みます。^_^
表現者、素晴らしいことを自分で自分の力で発見されたというか、時雨空さんが自分で自分を発掘された、そう感じます。元々時雨空さんに備わっていた力なのではなかったかなあ~っても感じました。水深15cm、そういう表現もあるんですね、私がうつで酷くおちていた時はドクターから「帰還兵なんだからおちて当たり前、次の瞬間撃たれて死ぬかも知れない、そんな精神が狂う程の状況でこんなにも生き延びて来たんだから、今の状態は当たり前」っていつも言われました。この言葉も随分と励みになりました。
2010/02/13(Sat) 20:59 | URL  | 和伽 #-[ 編集]
コメ返し♪
なりひらさん:
いや…豪雨じゃなくて霧雨(きりさめ)ですよ~(汗
んで川柳じゃなくて短歌です(w
この日は霧雨で熱が冷めた気がしたのです(w

和伽さん:
私の小さな街の小さな駅のイルミネーションです(w
ん~…何と言うか今はまだ荒唐無稽な夢ではあるんですけどね(汗
帰還兵かぁ…確かにその位追い詰められた気分で
生きて来たって言うのはあるかも(汗
確かに良い表現ですね(w
2010/02/13(Sat) 21:11 | URL  | 時雨空 #x12mMIeU[ 編集]
時雨空さん おばんです。

漸くネットが出来る生活に戻りました・・・。
堕落論・・・高校生時分に読みました・・・良く似たおじさんがいるものだ・・・と・・・。
2010/03/02(Tue) 19:03 | URL  | ひげ #-[ 編集]
コメ返し♪
ひげさん:
お帰りなさいませ(w
ひげさんも堕落論に共感する部分があったんですね。
私は『The寂聴』の中に載っていた一部分しか
読んで無いんですけど、それでも共感する部分がありました。
人のあるがままを認めるって大事ですよね。
2010/03/02(Tue) 22:11 | URL  | 時雨空 #x12mMIeU[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。