☆ミニニュース☆
    
    2011年10月08日 ブクログのパブーで歌集を販売中です。
                閲覧は無料なので見てやってください♪
                『韋駄天凱旋歌』
    
    2011年09月28日 題詠blog2011♪無事ゴールしました♪
                応援ありがとうございます♪(w
                『晴流奏の題詠blog』
    
    晴流奏動画短歌集『面影純恋歌』
    
    
    
    動画がもっと見たい方はこちらのリンクから♪
    晴流奏 動画短歌集
    
    
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好きな人はやっぱり好きなんだなぁ~と思った日。
2009年10月31日 (土) | 編集 |
2009/10/30

晴れのち曇り。
昼間は快晴。
だが夕方辺りから薄雲が出始め
夜は月が雲に隠れて居た。

朝晩とても冷える様になってしまった。
季節は晩秋から冬に向かって
徐々に動き始めているのかも知れない。

昨日はまた日記を書かなかったので
ここ2日間の空を意味無くアップしてみようと思う。

まずは昨日の空。

PA290792_convert_20091031030417.jpg

朝焼けに染まる雲が綺麗だった。

PA290793_convert_20091031030518.jpg

朝から爽やかな空模様。

PA290794_convert_20091031030656.jpg

快晴の一日だった。

そして今日の空。

PA300880_convert_20091031031204.jpg

昨日慌てて撮った朝焼けの写真…。
だがまだ良い感じの色味の空が撮れていない。

PA300882_convert_20091031031430.jpg

天候は晴れだが青空に薄く霞み掛った様な空だった。

PA300883_convert_20091031031326.jpg

真っ青な空…。やっぱり快晴だったのかな…。

昨日は休みだったのでまた何枚か写真を撮った。
紹介する場所が無いので紹介したいと思う。

PA290839_edited-1_convert_20091031030143.jpg

蜜蜂…こんなに涼しくなってもまだ働いている。

PA290859_edited-1_convert_20091031030312.jpg

冬籠りの支度なのだろうか…
花芯から必死に蜜を集めて居る様だった。
彼らの体に付いた花粉でまた花が種を持つ。
彼らの仕事もまた循環に一役かって居るのだろう。
自然って不思議で面白い…。

PA290876_convert_20091031030815.jpg

菊の花…。
もうちょっと露出上げたら良かったかな…。

PA290878_convert_20091031031026.jpg

こっちは食用菊…。
美しい花で花芯は天ぷらに…花弁は酢の物にして食べられるらしい。
酢の物はあんまり好きじゃないけど
天ぷらは食べてみたいかな…。

今日のにゃんこ…。

PA010395_edited-1_convert_20091031032024.jpg

うむぅ~…眠い…。
ここ二日間眠くてしょうがない。
ちゃんと夜眠って無いからかなぁ…。

金曜日。
今日は一日仕事だった日。

昨日は深夜に目覚め
明け方までパソコンから離れられず
結局6時頃パソコンの電源を切り
それからお風呂に入って
部屋に戻ったのは7時半頃だった。
ネットショップでレンズのセールをやっていたので
また買ってしまう。
これって買い物依存症なのかな…。

8時頃までは起きて居て
そのまま起き出そうと思って居たのだが
結局そこからまた眠ってしまい
目覚めたのは1時間半後だった。
お金が入らないのはお前のせいだ…と言う様な
凄く嫌な夢を見る。
寝覚めは最悪だった。

起き出して薬を飲む。
今日も母がレモン汁にトマトジュースを混ぜた物を作ってくれたので
それを飲んで目を覚ます。
副交感神経に作用してなんたら…と言っていたが
未だに効果が出て居るのかは微妙である。
顔を洗い、ミルクティーを飲む。
仏壇に線香をあげ、写仏に手を合わせる。
それからも暫くぼーっとしてしまい
なかなか着替えの手が進まなかった。
仕事に行きたくなかった。情けない。
着替えて会社へ向かう。
結局今日も2時間も遅刻してしまった。
この出社拒否症も何とかしないといけないと思いつつ
なかなか直せない。
もう自分が嫌である。

事務所ではMさんが既に仕事を始めて居た。
ちょっと機嫌悪そうに迎えられる。
遅刻して悪いのは私の方なので何も言えずに
仕事を始める。

午前中はずっと会計の事をやっていた。
伝票を立て、立て替え分のお金を出して
計算する。
今回も無事合ったので安心した。
今日は行ったのが遅かったので
あっという間にお昼になってしまった。

お昼は父が蕎麦を茹でてくれた。
お惣菜の春巻きも用意してくれたので一緒に食べる。
美味しく食べられた。

午後。
午後からは上司とMさんの二人が来ていたので
また気が抜けなかった。
仕事を始める。
買掛金表を作る。
その他細々した仕事を終わらせる。
一つ一つに時間が掛ったが
何とか終わらせる事が出来た。
その間に集金の人が何社か来る。
何とか今日も応対が出来た。

上司とMさんがまたあれこれお金の話をし始める。
聞いている私の不安を煽るばかりで
聞き苦しかった。
ただこれもまた会社の現実なのである。
先行きが益々不安になった。
パワハラとは言わないのだろうが
この二人の会話から感じる不安感は
私の心をごちゃごちゃにかき乱してくれる。
また仕事中は逃げたい…消えたいと…生きて居たくない…と
ずっと考えて居た。
一緒に仕事をするのが辛い。しんどい。
これもまた甘えなのかな…。
何で生きてるんだろう…私…。
やっぱり会社が無くなったら生きて行けないんだろうな…私…。
辛い…怖い…消えたい…。

仕事終わり。
一応一通りの仕事は終わらせて
帰る事にする。

帰って来て。
父の作ったポップコーンを食べながら
ビールを一本だけ飲む。
仕事の話をする。
父はもうしばらくの辛抱でこれからはもっと楽になる筈と
希望的観測を言って居た。
どちらにせよ私は父に付いて行く他無いのである。
とりあえず仕事の事は忘れる事にした。

夕飯を食べる。
今日は水菜のの卵とじと鶏肉をレンジで火を通した物だった。
うにの粕漬けで御飯を一杯食べる。

日記を書こうと思ったら眠くなり
そのまま眠ってしまう。
結局起きたのは3時頃だった。
それから日記を書き始めて今に至る。
今日もまた明け方まで眠れないんだろうな…。

今日も短歌を詠んで居ない。
今考えてみようと思う。

寂しいと甘える僕に君はただ笑顔で傍に居てくれるだけ
正直な気持ちを胸に押し込んで仮面を被る僕は道化師
君にすら打ち明けられぬこの胸の痛みが作る僕と言う殻
何もかも打ち明けたなら少しでもあなたは傍に来てくれるかな?
喋れない僕の溜息君がただ聞いてくれればそれで十分
永遠に埋まらぬ距離に手を伸ばし想いが届く夢を見て居る
空っぽな心を埋めるがらくたを今日も集めるネット通販
世界一君を愛する親友になりたいけれどなれないのです
永遠に手の届かない距離に居る愛しい君とど阿呆の僕

今日はこの辺で…。
今日は片想い短歌ばかりになってしまった。
届かない想いって持ってて意味ある物なんだろうか…。
もう振られてる訳だし諦めたら良いのに…
何でこんなに好きな人の事を考えると心が揺らぐんだか…。
自分が寂しいってだけで好きになっちゃいけない。
判ってるのになぁ…ど阿呆だ…私…。

明日は久々にゆっくり出来そうだが
バイト先から延々連絡が来ないので
明日の3時頃電話を掛けてみようかと思って居る。
多分ネットの時点で落とされてるんだろうけど…。
確認はしないとね…。

明日は一日休みの日。
ゆっくり体を休めようと思う。


ラーメン屋が駄目だったら次は何処にしようか…
何だか写真撮影屋さんが面白そうだけど
未経験で入れるのかなぁ…。
子供と写真は好きだけど…。
まぁ明日無事落っこちたら考えてみましょう(w


楽天市場 マップカメラ

写真撮るならオリンパスペンEP-1♪
私もこれで写真にはまりました(w
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~^^
お邪魔します^^
朝焼けの写真が多くなってきましたね~^^
私は朝焼けのちょうどいい時間に外に出るのが
難しくなってきていまして^^;
なかなか朝の綺麗な空を見ることができません。

夕焼けにしても仕事終わって帰る頃には、もう真っ暗^^;
お手上げですw

写真の蜜蜂の体中に付いている花粉が、なんかとても可愛く見えます^^

秋も深まり人恋しくなる季節でもあるかもしれませんね。
でも好きな人を想い続けるのっていいことだと思います。
それが例え届かなくても・・・ね^^
そんなの虚しいだけ・・と思われるかもしれませんが
虚しくても好きなものは好き。
自分に正直でいたほうが人を好きになる心の持ち方も変わらずに
もし次に好きな人ができたときに
その心は大きな力になると思います^^

昨日は十三夜でしたね^^
十三夜の歌ってどのくらいあるんだろう・・・
そんな素朴な疑問をもって調べてみたら、
古い歌ばかりだけど、好きな人を想う切ない歌がたくさんありました。
人は人の心を掴めないのがもどかしい所ですけど
そのもどかしさが、情熱に火を付けることになるかもしれません(*^-^)

十三夜の歌の中で特に印象に残った
村下孝蔵さんの【水無月十三夜】・・・
初めて聴いた曲でしたが耳に残りました。。。

ではでは(*´∀`)ノシ 
2009/10/31(Sat) 21:53 | URL  | sarah #6facQlv.[ 編集]
藤原興風(おきかぜ)
藤原興風がこんな歌を詠んでいます。
「わびぬればしひて忘れむと思へども夢といふものぞ人頼めなる」
恋の苦しみに心細く思って嘆いているので、無理に忘れようと思うのだけれど、夢にあの人が見えるので私に虚しい期待を抱かせる…という意味です。万葉の時代の人たちもこんな切ない恋をしていたんです。そう思うとあー自分だけがこんな思いをしているわけじゃないんだと思いませんか?
きっと、時雨空さんと同じような恋をしている人たちは、この世の中、世界中にたくさんいます。本当の恋を見つけたら、この苦しいと思っていた恋心もきっといい思い出になりますよ。私も経験があります。告白した人が私の親友を好きでした。それでも好きでしたよ。
恋をするには理由なんてありません。淋しくて好きになってもいいじゃないですか。「好きになったんだもん」それだけで十分です。
恋は楽しいだけじゃなく辛い思いもするから人は強くなれるのだと思いますよ!(^^)!
2009/10/31(Sat) 22:13 | URL  | えぐ #-[ 編集]
コメ返し♪
sarahさん:
私は朝焼けの頃に仮眠をとる習慣が付いちゃったんで
こんな写真ばかり撮って居ます。
もっとちゃんとしないと社会に順応できないと言う(汗
私も夕焼け撮りたいんですけどなかなかチャンスが無くて…
今日も逃しちゃいました(汗
あぁ~…そうかも…それで人恋しいのかな…(w
何か私の場合、一方的な好きが
もっと相手の事を大切に思える好きに
変わると良いんですけどね(汗
月の引力は人の心も波立たせるから
やっぱり切ない歌が多くなっちゃうんでしょうね(w

えぐさん:
良い歌ですね…(w
何これ…私の事?って思ってしまった(w
万葉の頃の人々も同じ様な想いを抱えて
人を想っていたのかと思うと何だか嬉しいですね(w
そっかぁ…確かにいっぱい居るんでしょうね…
歌に残ってる位ですもんね…今の時代もあって当然かぁ…(w
ん~…何か寂しくて好きって言うと一方的過ぎる気がしてて…(汗
でも大事に思える様なそんな関係は
これからも続けて行きたいなぁ~と密かに思って居ります(w
2009/11/01(Sun) 05:27 | URL  | 時雨空 #x12mMIeU[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。