☆ミニニュース☆
    
    2011年10月08日 ブクログのパブーで歌集を販売中です。
                閲覧は無料なので見てやってください♪
                『韋駄天凱旋歌』
    
    2011年09月28日 題詠blog2011♪無事ゴールしました♪
                応援ありがとうございます♪(w
                『晴流奏の題詠blog』
    
    晴流奏動画短歌集『面影純恋歌』
    
    
    
    動画がもっと見たい方はこちらのリンクから♪
    晴流奏 動画短歌集
    
    
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水彩絵の具の様な空の色だった日。
2009年09月26日 (土) | 編集 |
2009/09/25

快晴。
何処までも広がる青空。
雲が見当たらない程の真っ青な空だった。

P9250220_convert_20090926003546.jpg

P9250221_convert_20090926003653.jpg

寝不足の体には朝日が染みる様だった。

写真ライフと言う雑誌を買う。
あれこれ写真雑誌を見てみたが
一番初心者に向けて書いてある判り易い本がこれだった。
構図の決め方やら被写体の探し方等
興味深い事があれこれ書いてあった。
定期購読を考えた程の良書である。

土日はPEN君持ってお出かけしたいけど…
家でやりたい事もあるし悩ましい所である。
近所の公園でも良いけど…何か良い物撮れるかなぁ…。

金曜日。
今日は一日仕事の日だったが
午前中は体調が悪くまた休んでしまった。
普通のバイトだったら即くびだよな…とか思う。
情けない事この上ない。
喉の奥が痛い。
風邪かも知れない。
明日も調子が悪かったら熱を測ってみようと思う。

昨日は帰って来てから月を撮る事を試みるも
全く上手くいかなかった。
どうやら三脚が必要らしい事に
後になってから気がつく。
明日電気屋さん行って買ってこようかな…。

P9240213_edited-1_convert_20090926010434.jpg

本当はもっとちゃんとした三日月でした…。

夜はまた明け方までパソコンの前で眠ってしまい
起きたらもう既に朝だった。
またやってしまった…と思いつつも
起き出して空の写真を撮り
そのまま眠ってしまう。

朝は起きれず。
体調の悪さが寝不足から来ていると言うのが何とも情けない。
自己管理の一つも出来ないんだからどうしようもないな…ほんと…。
頭がぐらぐらする感じもあり
しばらく布団の上でぼーっとしていた。

兄から電話が掛ってくる。
下職さんに支払いは済んで居るか聞かれるも
ぼーっとした頭ではすぐには確認出来ず
かなり焦る。
間違って振り込んでしまったとしたら大事である。
だが改めて兄に確認を取って貰ったら
ちゃんと振り込まれていたらしかった。
ひとまず安心する。

嫌でも仕事と向き合わなきゃいけない
この当たり前の状況が受け入れられず
頭もぐらぐらしたまま何とか起き出す。

起き出して薬を飲む。
今日も母がレモン汁を野菜ジュースで割った物を持って来た。
意味がないから飲みたくないとは言えなかったが
あからさまに嫌な顔だけはしておいた。

頭を洗い服を着替えるも
一向に頭のぐらぐらした感じは消えず
時計は10時半を過ぎどうするか考える。
結局今日は午後から行く事にする。
金曜の度に午前中休んでいる気がする…。
Mさんの呆れた顔が目に浮かぶようである。
社長とMさんにメールをして
後はずっと横になっていた。
やっぱりこれもただ甘えてるだけなのかなぁ…。
だめだめだ…。

お昼は会社で食べる事になっていたので
重い頭を何とか起こして会社へ向かう。
お昼はカレーだった。
普通に食べられた。

午後。
Mさんが来ていたので気が抜けず
また頓服を飲んで仕事に臨む。
ぼんやりとした頭のまま仕事を始める。

Mさんにあれこれ仕事の間違いについて指摘される。
一つ言われる度に落ち込みパニックになる。
顔には出て居なかっただろうけど…。
仕事を続けて行く自信が無くなった。
仕事中だけうつになる人間の典型である。
もう消えたい…辛い…。

会計の事をやり、兄にあれこれ聞く。
それでも聞いた筈の内容は何故か全く頭に入って来なかった。
もうこれ以上何も頼まれたくないと言う気持ちが出る。
その場に居たくなかった。
とりあえず判らない部分は保留にして
後日確認する事にした。

請求書のチェックをする。
何とか終わらせる事が出来た。
支払いの事を始めた所で定時を過ぎ
Mさんは帰って行った。
私は終わらなかった分の仕事をやる為
残業する事にする。

支払いデータの入力をする。
何とか終わらせるもお金が入らないと
経費が確保出来ない現状は変わらない。
これは30日に入る事を祈ろうと思う。

集金のお願いのFAXをする。
今月はやっとまともな時期にFAXが出来た。
もっとちゃんとしないといけなかったな…と反省する。
支払いを待って貰う所にもFAXをする。
かなり気が引けたがこればかりはしょうがない。

仕事終わり。
7時半頃まで仕事をして帰る事にする。
帰りにツタヤに寄り
写真雑誌を見る。
昨日買った写真ライフと言う雑誌程
判り易い雑誌は置いて居なかった。
ちょっとがっかりする。
所望していたオリンパスペンの専門誌も
ここには置いて居なかった。
何も買わずに帰る。

帰りにコンビニに寄り
食料品あれこれを買う。
お腹が空いていたのか要らない物まで買ってしまった。

帰って来て。
買って来た小さなパンを2個食べる。
ビールも一本飲んだ。
ティラミスも食べた。
とりあえずお腹は落ち着いた。
夕飯を食べる。
今日は母が居なかったので父が用意してくれた。
お惣菜のメンチカツと目玉焼きにキャベツ…。
美味しかった。

『When A Man Loves A Woman』の和訳を見て
涙が出そうになる。
一方的な想いしか抱けない私は
どう頑張っても一人で居るしかないと言う現実と
向き合わなきゃならない様な気がしている。
私には異性を引き付ける魅力も
相手を慮る思いやりも無いのかも知れない。
一人であると言う現実が何よりそれを証明して居る。
孤高の星になりたい。
でも私の寂しさと言う引力は
何かにつけ近付いて来た物を引き寄せたがる。
こんな引力要らない…。
涙が出る程にまだ見ぬ誰かを恋しがる
こんな卑しい気持ちが他にあろうか…。
でも何処までも私は人らしい…。
中途半端に人に生まれて結局誰にも想いは届かず
死んで行くのだろうか…。
当たり前になりたかったけど…結局なれなかったな…。
何もかもしっかりしてない全部自分のせいか…。
私は一生一人なんだと思う。
一人は怖い…。

今日も短歌を詠んで居ない。
今考えてみようと思う。

永遠に届く事無い想い込め返すメールは顔文字ばかり
胸の奥届かぬ想い押し込めて結局一人きりの現実
寂しさに塗り潰された心では人を愛する余裕すら無く
寂しさに引き寄せられたがらくたは土星の如く私を飾る

今日はこの辺で…。
今日はかなり短歌に時間が掛ってしまった…。
寂しい心の引力はあんまり持ちたくない物である。

明日は待ちに待った休みの日。
もう朝になってしまった…。
これからゆっくりお風呂に入って眠ろうと思う。
ゆっくり体を休めようと思う。


明日は近所の公園にでも行ってみようかな…。
電気屋さんにも行きたいんだった…。
早く寝よ…。
コメント
この記事へのコメント
一人で生きている人なんていない

と、私は思います。

2009/09/26(Sat) 20:51 | URL  | k #81/lD5GQ[ 編集]
コメ返し♪
kさん:
うん…だからこそ
今の繋がりから切り離された時の事を考えると怖いんですよね。
今の私ってどんどん孤独に向かって行っている
気がするから余計にそう感じるのかも。
2009/09/26(Sat) 23:36 | URL  | 時雨空 #x12mMIeU[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。