☆ミニニュース☆
    
    2011年10月08日 ブクログのパブーで歌集を販売中です。
                閲覧は無料なので見てやってください♪
                『韋駄天凱旋歌』
    
    2011年09月28日 題詠blog2011♪無事ゴールしました♪
                応援ありがとうございます♪(w
                『晴流奏の題詠blog』
    
    晴流奏動画短歌集『面影純恋歌』
    
    
    
    動画がもっと見たい方はこちらのリンクから♪
    晴流奏 動画短歌集
    
    
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生れたての写真を預かった日。
2009年07月22日 (水) | 編集 |
2009/07/21

一日雨。しとしと。
湿度は高かったが今日はそれ程暑く無かった。
霧状の雨が一日降り続いて居た日。
傘を差す程でもないので傘を差さずに
自転車であちこち行ったら
全身がまんべんなく濡れる。
そのせいなのか何だか今日は疲れてしまった。
雨の日はどうにも苦手である。

消しゴム落款作りにはまる。
熱中出来る割に総制作にかかる時間は1時間程なので
思い立った時にすぐ作れてとても面白い。
集中力の無い今の私にぴったりの趣味がまたひとつ見つかった。
画像はちょっと悪いが出来た落款はこれ…

IMGP0598_edited-1-2.jpg

雅号の“晴流奏”と書いてある。
二つ目を失敗し、仕方なくもう一個彫って
やっと出来上がった。
2個めより3個目の方が字のバランスが歪んでいたりして
自分では納得いかなかったのだが
母はこれが一番味があって良いと褒めてくれた。
もう一個白文仕上げ(文字が白く浮き出る彫り方)で
自分の本名を彫った物もあるのだが
それは内緒。色々ばれちゃうしね。
まだ彫ってみたい判子はある。
一個はひらがなのペンネーム。
もう一個はここのブログでのペンネームである。
あとついでにイラストもやってみたい。
最早、短歌が趣味なのか消しゴム判子が趣味なのか
判らない状態ではある。

こう言う直接生活に役立たないアビリティ的な物があっても
如何せん武器にならないと言うのが悲しい。
ついでに飽きっぽい性格も直さないとな…。
ふぅ…。

火曜日。
今日は午前中仕事。
午後は医者に行って来た。

昨日は深夜まで親戚のおばちゃんに宛てて手紙を書き
それを母に添削して貰ったりして日記が書けなかった。
その後、消しゴム判子に熱中し
それからお風呂に入ったので
布団に入ったのは4時頃だった。
この酷い生活習慣も早く何とかしないといけないと言いつつ
もう一年が経つ。
時間はどんどん明け方にずれ込むばかりである。
自分の駄目さ加減には呆れるばかりである。
ブログパーツで起きた時間を記録する物があるらしい。
私が起きる時間は欄外であった。
悲しくなった。

朝は今日も起きれず。
目覚めたのは起きる時間より30分も遅かった。
冬の起きれなかった時期より寝覚め自体は悪くない。
ただその分ぼーっとしてしまう時間が増えた。
眠りから覚醒への切り替えが出来ていないのである。
これも全て睡眠を確保する時間が短いせいだと思われる。
やっぱり基本は生活習慣なのかなぁ…。
今年の夏休みは毎年の事ながら何の予定も無いし
いっそ規則正しい生活と言うのをやってみようかな…。
ん~…たぶん無理だけど…。

起き出して薬を飲む。
今日も母がハムときゅうりを用意してくれたので
トーストを一枚焼き挟んで食べる。
最近はマーガリンは使わずに
オリーブオイルを垂らして食べている。
これがなかなか美味しいのである。
イタリアの人の味覚と日本人の味覚は似通っている…と言うのは
本当なのかもしれないな…とか思う。

仏壇に線香をあげ、写仏に手を合わせ
着替えて会社へ向かう。
結局今日も1時間45分の大遅刻。
朝型人間になりたい…と言うかならなきゃいけない。

外は若干肌寒かったが今日も事務所は蒸し暑かった。
冷房をかけ、机をちょっと拭いて
事務所の掃除はまた今日もサボってしまった。
今日は兄から仕事を頼まれていたので
早速取り掛かる。
請求書の作成だった。
雛型は既にあったので簡単だった。
間違えないようにチェックする。
兄から電話が入る。
また現場の地図を出して欲しいと言われる。
一応判る様に付近の地図も一緒に印刷する。
グーグルマップは便利である。

お昼。
コンビニへ行き、親戚のおばちゃんと
製本の相談に乗ってくれた先輩宛に
手作りの短歌集を暑中見舞いとして送る。
定型外郵便だったので金額が心配だったが
90円で送る事が出来た。
普通の封筒より10円高いだけである。
父にどうせなら他の親戚のおじさんおばさんにも
短歌集を送ったらどうかと言われる。
材料はいっぱいあるのでまぁ良いかな…とか思う。

お昼は父がうどんを用意してくれた。
今日はお惣菜の天ぷらを入れた天ぷらうどん。
なかなか美味しかった。
本当は自分でお弁当でも作って持って来なきゃいけないのに
父はいつもお昼を用意してくれる。
もう何年経つだろうか…。
最初は私がおにぎりを2個しか食べないのを見兼ねて
ちょっとしたおかずを作ってくれたのが始まりだったと思う。
それがいつしかしっかりした食事になって
今の状況が生まれた。
これもまた依存である。
父には申し訳ない気分でいっぱいだが
今の状況を変える勇気も無かったりする。
父さんごめん…。

午後。
一旦家に戻りひと休みする。
帰りはすっかり霧雨に降られてしまった。
2時頃家を出るつもりだったのだが
疲れていたのか眠ってしまい
起きたのは3時頃だった。
雨に濡れるのは思った以上に体力を消耗するのかも知れない。
3時半頃家を出る。

4時頃。
病院到着。
今日は混んでいるかと思ったが
座って30分程で名前を呼ばれた。
月曜日と火曜日ってこんなに違う物なんだろうか…。
やっぱりうつの人で月曜日に体調崩す人って
結構多いのかも知れないな…とか思う。

診察ではここ2週間の様子を聞かれる。
ここ2週間は比較的調子が良かったですと答える。
また日記を見て貰う。
見ながらあれこれ話をする。
やっとこの方式にも慣れて来た。
先生は何を言ってもとりあえずは聞いてくれるので
私は思った事を話すなり、口籠るなりしているだけである。
自分の考えを言うと言うこれも
認知療法的な何かを狙っての事なのかも知れない。
話の流れの中で私の手作り歌集の話になったので
先生にも持って行った一冊をプレゼントした。
一方的なプレゼントだったが先生は褒めてくれた。

先生は私の眠る時間と起きる時間
それに会社に遅刻し続けている状況に目を留めて
何だか時雨空さんは自分の時間はしっかり持つ割に
会社の時間と言う概念が無いみたいだね…と言っていた。
ちょっとショックだったが
確かに今は勝手にフリーランスみたいな状況で
働かせて貰って居ますと答える。
これが今の私…どうしようもない私…。
でもこれも自分で作り出しているだけなのかな…。
病んでいる自分を演じる事で正当化する自分…。
先生もそう言う私の卑しい部分に気付いて居るのかも知れない。

先生は私の日記の中の登場人物の少なさが
ちょっと気になると言っていた。
確かに家族と会社の人とで
ほとんど私の日記は完結しているケースが多い。
友人もちらほらとしか出てこない。
何か自分の気持ちを素直に話せる友人等
登場人物が居ないと言う事があまり良くないと言っていた。
先生は一方的に話すばかりでもいけないが
同年代の友人でそう言う気持ちを忌憚なく交換し合える
人を見つける事が、今の私には必要かも知れないと言っていた。
確かに今の私の友人は指折り数える程である。
しかも会ってあれこれ話したりする友人はなかなか居ない上に
私自身があれこれ話すのを嫌うと言う特性から
益々状況は悪化して行く結果となった。
私が唯一心を許して話せる友人も
箱根に行ってしまったのでなかなか会えずにいる。
旧友とは会わない時間が長かったせいか
たまに会っても気を使ってしまう様な状態…。
結果、日々の中の要らぬ物をあれこれ溜め込み過ぎて
心は病むまで行かないまでも歪んでしまった。
それが今の私なんだと思う。
こんな状況にあって病まない方がおかしいのである。

先生はどんな物であれ、人とのコミュニケーションから得られる物は
大きいとも言っていた。
億劫がって人と会わないのもいけない事なのかも知れない。
お風呂と人と会うのはやって後悔する事が無い…
確かにそうかも知れない。
人は鏡の向こうに写る自分の映し見を確認出来て
初めて安心出来るのだと思う。
自分の姿が映らない鏡は不安を掻き立てるだけである。
それはホラー映画やハリーポッターの世界の物であり
実際には無い物…存在してはいけない物…。
自らのアイデンティティと言う形を確認する為にも
自分の姿が映る鏡を、常に人は持たなければいけないのだと思う。
人が人で居る限り…。
結局未だに自分の事が判らないのも
私がそう言う鏡を持って来なかったからなんじゃ無かろうか…。
自分の夢を語れる友を持つ事…
それは何より自分の為に必要な事だったんだな…とか思う。
難しいけど…。

診察終わり。
薬局で薬を受け取る。
定期的な薬の説明なのか今日は薬剤師さんが話しかけて来た。
優しい応対がありがたかった。
乾いた土壌に沁み込む雨の如く
優しさは少し心を潤してくれた気がした。
どうせなら心に花を咲かせよう。
耕し、肥料を撒き、種を植え、水をやり…
人が喜ぶ花を咲かせよう。
人から受けた優しさはちゃんと人に返さなくてはならないと思う。
どうせだからミニトマト辺りも植えて…。
いつになるか判んないけど…いつか…。

帰りに100円ショップへ行き
あれこれ雑貨を買う。
所望していたのは朱肉と朱の油と落款を入れるケースだったのだが
いつの間にかあれこれ欲しい物を手に取っていた。
カッティングマット、プラスチックケース、小さな朱肉、巾着袋
整理用プラスチック籠、判子に使う為のお徳用消しゴム、等々…。
10個買って1050円。
良い感じのストレス解消である。

その後、この間風鈴を買った日用品店へ…。
風鈴の風を受ける紙が無いと言ったら
店員さんは親切に交換してくれた。
ここでもまた優しい接客を受ける。
世の中には沢山のつっけんどんな店員さんが居る。
そんな中でこう言うちゃんとした接客の出来る人を
私は尊敬してしまう。
多分自分に出来ないであろう事をやっているから
余計にそう感じるのかも知れない。
お客様窓口じゃ色々とストレスの溜まるクレームもあるだろうに…。
全くもって偉い人がこの世の中には居る物である。
なむなむ。

帰って来て。
霧雨にすっかり濡れて帰った。
湿度は高いのに体感温度は低い。
また体力を消耗してしまったのか
帰って来てしばらくは薬の整理をしながらぼーっとしていた。

夕飯を食べる。
今日は莢豆の味噌炒めにあさりの味噌汁
あとまぐろの山かけだった。
ビールも一本だけ飲む。
ラーメンをまた作って食べる。
オリーブオイルをまた垂らして食べた。
油だらけである。

薬を飲んだら眠気が襲ってきて
そのまま11時頃まで眠る。
今日も疲れた。

母に私が生まれた時の写真を見せられる。
当時10歳だった姉の綺麗な字で
生れた頃の事が書かれていた。
でもその他の日記の欄は全て空白だった。
母は自分の字は汚いので書けなかったと言っていたが
恐らく当時は忙しいのもあったのだろう。
あの頃の私は家族にとってそれこそ福の神みたいに
扱われて居たんだと思う。
今は貧乏神だけども…。
確かに愛されていた私の記録…。
何で今消えたいとか考えてしまうのか
私はもうちょっと考えた方が良いのかも知れない。
今はもう居ない祖母が、
私の頭におむつを被せて丈夫に育つよう神様にお祈りした…
と書いてあった。
後半はともかくとして前半が妙に気になる…。
最初見た時は婆ぁ何してくれてんだよ…と思ったが
恐らくおむつを被せるのはこの辺の風習の様な物なのだと思う。
多分だけど…。
丈夫に育つようにか…。
今の私の状況見たらばあちゃん何て言うかな…。
甘えてんじゃねぇ…って言うかも…。
ごめんね…ばあちゃん…。

ピアノの音色が心に沁みる夜…。
まだ夏の終わりには早いけど
小曽根真の『Last Summer』が良い感じ。
夏の何処か憂いを含んだ部分が良く表現されている。
夏の太陽は明るいが影もまた色濃く残す…と言った所か…。
オスカー・ピーターソンの『Love ballade』も良い感じ。
心の底から滾々と湧き出る愛…と言った感じ。
ミッシェル・ペトルチアーニも好き。
『Looking Up』の底抜けの明るさには勇気付けられる。
上を向いて…か…。
強くならないとな…私も…。

今日も短歌を詠んで居ない。
今考えてみようと思う。

お互いを分け隔ててる細胞が一つになる程に抱き締めて
見つめてる心の鏡に映るのは私を形作りしあなた
君の撒く如雨露に入った優しさで我が心にも咲く白い花
受けた分返さなくっちゃ優しさも廻り廻って我が身に返る
溜息も呼吸の一つふうと吐く息で生れる火事場の力
伝わらぬ想いが生んだ歌があり届かぬ声で叫んでる僕
生れたて写真の僕は幼くて愛されていた愛されている

今日はこの辺で…。
何だか今日の短歌もまだまだな感じである。
もっと自分の歌を推敲出来る様にならないといけないな…とか思う。
今夜も短歌だけでかなり遅くなってしまった…。
早く寝ないと…。

明日は一日仕事の日。
伝票を始めるのと、暑中見舞いをそろそろやってしまった方が
良いかも知れない。
30日頃送れば良いと上司は言っていたが
多分支払いの事でばたばたしてそれ所じゃないと思う。
残暑見舞いにしない為にも早めに印刷だけしてしまおう。
頑張って乗り切ろうと思う。

今夜もこんな時間だ…
もうどうしたら良いんだか…。


私も生まれたての頃おむつ被せられました…って人はクリック♪(w
コメント
この記事へのコメント
おはようございます^^
ピアノの音。
私大好きです。
一番のお気に入りはNORTH SOUNDの
【MYSTIC WATERS】です。
水を表現した音楽。
ピアノの音は一番最初の曲だけだけど
水の音を交えながら
一日の終わりを告げるようなメロディライン。
目を閉じるとそこにいるような気がします。

ピアノの音って、色々な表現ができるから
大好きです。

今日は皆既日食だけど見えそうも無いですね~。

横浜は今、雨が降っています。。。
2009/07/22(Wed) 06:28 | URL  | sarah #6facQlv.[ 編集]
時雨空さんって
末っ子ですか?
甘えられるお父さん・お母さんがいて”優しさ”を憂う感性があって―良いじゃないですか!
『身の丈』の短歌で良いとおもいますよ。
小説と違って想像で歌は詠めません。
”今”を詠めばよろしいかと・・・
2009/07/22(Wed) 16:15 | URL  | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
はんこ
めっちゃうまくできてますねー^^器用だなぁ。

「でもこれも自分で作り出しているだけなのかな…。
病んでいる自分を演じる事で正当化する自分…。」
↑すごい、わかります…。


2009/07/22(Wed) 19:38 | URL  | k #81/lD5GQ[ 編集]
上手に彫れてますよね。。。時雨空さんって本当に器用ですよね。尊敬します。
甘えたいときはたくさん甘えていいと思いますよ。
2009/07/22(Wed) 19:55 | URL  | 蜂蜜とイチゴ #ALUNgHnM[ 編集]
おつかれさま
100均は ぼくも よくいきますよ、もっぱら ひかるくんの おもちゃですが、
2009/07/22(Wed) 21:32 | URL  | みかん むらお #-[ 編集]
「自分の姿が映る鏡を、常に人は持たなければいけないのだと思う。
人が人で居る限り…。」
というところ、本当にいい文章だと思いました。借り物のことばではなくて、時雨さんオリジナルなら相当文章のセンスありますよ。比喩を効果的に使っていて、言いたいことを、読み手の心の奥底まで伝えられる文章です。少し感動しました。日記を書くことで、文章力も磨かれているんですね。
2009/07/22(Wed) 22:39 | URL  | 天狼星 #-[ 編集]
コメ返し♪
sarahさん:
何か良さそうな曲ですね…後で調べてみよう(w
私、インスト大好きなんですよ(w
ピアノってシンプルで誰でも音が出せるのに
人とかジャンルによって全然表情を変えるのが好きです(w
こっちも分厚い雲に阻まれて全然太陽が見えませんでした(汗

Bakoさん:
そうです♪歳の離れた末っ子で
未だに甘えて日々暮らしてる様な人間だったりするのです(汗
そうですね…ほんと。
今の自分の心の揺れからしか歌って生れなかったりしますもんね。
身の丈精一杯の歌を詠える様頑張ってみます(w

kさん:
そうですか?ありがとうございます(w
カッターで彫るのでどうしてもかくかくしちゃうんです(w
うん…何か自分は病んでるって事で正当化してるだけなのかなっていつも思って居て
もしそうならどうしようもないなぁ~って(汗

蜂蜜とイチゴさん:
そうですか?ありがとうございます。
器用って言うかこう言う事が好きなだけなんです(w
甘えられるのは今だけだと思うけど
もうこんな歳まで甘え続けているのはどうしようもないなっていつも思っています。

みかん むらおさん:
今の百円ショップってほとんど日用雑貨屋さんみたいな感じなので良く利用するんです(w
色々あってあれもこれも欲しくなっちゃいますよね…百円だし(w

天狼星さん:
ありがとうございます(w
この考え方自体は昔の偉人の人が言った
『人の顔には自分の顔が映っている』って言う物が元になっているんですけど誰が言った言葉なのか判らなくて(汗
文章自体はオリジナルです…えへへ(w
私の言いたい事が伝わったなら嬉しいですね(w

文章自体のクオリティーは置いといて、日記を書く事で文章を書くって事に変な抵抗感が無くなったんだと思います。だから素直な気持ちが書けるんでしょうね。
2009/07/22(Wed) 23:13 | URL  | 時雨空 #x12mMIeU[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。