FC2ブログ
    
    ☆ミニニュース☆
    
    2011年10月08日 ブクログのパブーで歌集を販売中です。
                閲覧は無料なので見てやってください♪
                『韋駄天凱旋歌』
    
    2011年09月28日 題詠blog2011♪無事ゴールしました♪
                応援ありがとうございます♪(w
                『晴流奏の題詠blog』
    
    晴流奏動画短歌集『面影純恋歌』
    
    
    
    動画がもっと見たい方はこちらのリンクから♪
    晴流奏 動画短歌集
    
    
鎌田實さんの本を読んだ日。
2011年03月06日 (日) | 編集 |
2011/03/05

快晴。
ぽかぽかと暖かい気候。
何だか眠い一日であった。
食べ過ぎかな…。

昨日の空…。

P3044306_convert_20110305214600.jpg

とても綺麗な青空だった。

今日の空…。

P3054308_convert_20110305214803.jpg

太陽が眩しい…。

今日のにゃんこ…。

P2174215_convert_20110305215216.jpg

びっくり顔のどんぐり君…。

実習の日が徐々に近づいている事に
少し焦りを感じている。
元々緊張持ちではあるのだが、
今のままで果たして実習は大丈夫なのかと
不安が過ぎっている。
不甲斐ない事この上ない話である。
利用者さんに迷惑かけちゃったらどうしよう…。
出来る練習にイメージトレーニングは
あらかじめしっかりやっておこうと思う。
見栄を張らない事。判らない事はちゃんと聞く事。
知ったかぶりをしない事…。
研修中とは言っても現場に出たら
私もヘルパーさんの一人だ。
頑張ろうと思う。
とりあえず今の分だけのレポートは書き終わり
お腹の検査も結果が出た。
肺のレントゲンは月曜日に地元の診療所で撮って貰おうと思う。
ん~…長い道のりの様に勝手に思っていたけど
あっという間だなぁ…本当に…。

暖かくなったのか
ヴァニラさんがまた水浴びをする様になった。
まだ水が冷たいらしく
手の平のから水の中に入るのに
出たり入ったりを繰り返す。
丁度、サウナから出てきたおじさんが
冷たい水風呂に恐る恐る足を付けては出てしまう様な
そう言った感じの動きである。
これがとても可愛い。
お湯にすれば良いじゃないかと思う方も居られるかも知れないが
お湯だと羽根に付いた油が落ちてしまう為に
かえって風邪をひかせてしまうのである。
なのでどんなに寒い日も水…。
とは言え触れない程の冷たい水にはしていないのだが…。
実に滑稽な光景かも知れないが
頑張れ頑張れ…と言ってやると
彼もくちばしを真っ赤にして頑張る。
何とも可愛い我が息子である。

今日は速読術のトレーニングをまたやっていた。
文字の密度は軽めの奴だったのだが、今日は二冊読めた。

斉藤里恵さん『筆談ホステス』読了。
聴覚にハンデを持ったホステスさんの本で
ほとんど自伝がメインの本なのだが
少しだけ筆談でのコミュニケーションの手法にも触れていた。
言葉選びのセンスや、文字に対する感覚が優れていて
頭の回転の良い人なんだなぁ…というのが良く判った。
恐らくありとあらゆる勉強も弛まず続けている人なのだと思う。
最後に自分の夢について書いてあったのだが
障害を持った人達が普通の人と一緒に働ける様な
そんな場所を作りたいんだそうだ。
素敵な夢だと思う。

鎌田實さん『人は一瞬で変われる』読了。
鎌田さんの本はずっと気になりつつも初めて読んだ。
文章に人柄が滲み出ていてとても読みやすかった。
色々と紹介したい文章はあるのだが
心に残った一文を…

『誰だって誰かと比べたら足りないし、比べ始めたらきりがない。
 でも自分がこれで十分だと思えば十分じゃないか。
 人と比べるより自分の好きな物や自分らしい物を
 基点に生きる方が、ずっと楽しい。』 俳優 藤村俊二さん

藤村俊二さんと言えばオヒョイさんの愛称で親しまれている
素敵な紳士の方である。
ああ言う歳の取り方は素敵だなぁ…等と思う。
最近はこう言う文章がやけに目に留まる。
良い傾向なのかも知れない。

こうも書いてあった。

人生におけるキャッチャー的なサポーターの存在の大切さである。
行動変容を起こすのは自分自身。
でもその人の隠れた能力に気付き自信を持って発信出来る様に
共感し提案し小さな成功を確認し会える様な人が身近にいると
割と簡単に人は変われる。 鎌田實さん

心を打たれた一文である。
確かに人との出会いがあって人は研磨されていく物なのだと思う。
人は一人で成長をしようとしても
なかなか上手くいかなかったりする。
だが、自分が投げるボールの先に一人
誰かが居るだけで、生きていく事の心掛けも
変わるのではないだろうか。

今まで私は投げたボールが返ってこない事が辛くて
向こうから投げたボールを受け取ってくれる様な
頼れる誰かが来てくれるのをずっと期待して
待ってばかり居た。でも結局そんな人は現れなくて…。
考え方を変える事にした。
ボールが返ってこないなら自分が受ける側になれば良い。
これも鎌田さんの本の受け売りではあるのだが…。
ボールを受けている内に、自分の投げるボールを
しっかり受け取ってくれる人も現れるかも知れない。
そう言う人生も悪くない…かも。

今日も短歌を詠んでいない。
今考えてみようと思う。

明け方の冷たい水の水際を行きつ戻りつ手乗り文鳥
くちばしを真っ赤に染めて文鳥は冷たい水で今日も水浴び

今日は時間もないのでこの辺で…。
短歌は難しいけど面白い。

明日は一日学校の日。
今夜は早く寝るつもりだったが
いつの間にかこんな時間になってしまった。
明日も頑張って乗り切ろうと思う。

晴流奏ラボラトリー
私の手作り歌集が欲しい方はこちらから♪


旅行のサイトを見ていたら、あちこち行きたくなって
色んな人に会いたくなりました。
これも良い傾向だけど…お金貯めなきゃ…私(汗
スポンサーサイト